fc2ブログ

世界の果ての魔法屋

詩や物語を書いています 魔法のような作品を創っていきたいです…。

四月の空気

桜が咲きはじめました。

何年か前、ある場所で見た桜を忘れることが出来ません。

暖かく柔らかな風の中を滝のように流れる桜の花びら…
音もなく流れる桜がとても綺麗で…時間が停まった世界に
私だけが迷い込んだようでした。

そんな感覚の中、不思議と寂しさを感じなかったのは、
桜が美しいからか春風が優しいからか…

なんだか、昔を思い出した一日でした。
スポンサーサイト




独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<希望と絶望と | HOME | 鈴の音>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |