fc2ブログ

世界の果ての魔法屋

詩や物語を書いています 魔法のような作品を創っていきたいです…。

冬恋花

冬の風が心をしめつける
貴方を思い 涙落ちる…

うつむいていた…

つま先動かない
前に進めない…
動けない…
貴方が好きだよ…

涙の海にひとりぼっち…
貴方の声が聞きたい…
携帯なんて鳴らせないよ
また笑顔で会いたいから…

大好きだよ…大好きだよ…
もっと伝えたかった…
スポンサーサイト




夜の魔法の本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なかなか | HOME | 2009>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |