fc2ブログ

世界の果ての魔法屋

詩や物語を書いています 魔法のような作品を創っていきたいです…。

浪漫童話

「Serenade」は劇団時代の詩です。
作品のジャンルによって
「浪漫童話」と「組曲」とタイトルにつけていました。
下記は使用予定だった広告表紙です。

Romanesque Works Act Ⅱ  
ロマネスク ワークス 第2回公演


「世界は、美しいですが?」
不意に少女が聞いた。少女は生まれた時から目が見えない。

「………だいぶ変わってしまった…。しかし…、美しいものはある。」
私は目の前の少女を見つめ答えた。
私にとって少女の心は私の世界の救いだった。

「…よかった。」
安堵の表情で少女は言う。

「ああ…。」私は頷く。
しかし、少女は、ゆっくりと首を振る。
「世界が美しいのなら、あなたの心は、けして醜くなんてない…。」


―あなたの出逢う全ての日々が幸せでありますように…―


浪漫童話『伯爵』
fairy tale of Romane Opus Ⅱ
浪漫童話 作品番号 第二番

Cinematic Act

Romanesque Works Present
Produced by K

スポンサーサイト




浪漫童話「伯爵」 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Serenade | HOME | Life is Beautiful>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |