fc2ブログ

世界の果ての魔法屋

詩や物語を書いています 魔法のような作品を創っていきたいです…。

私より赤い 貴方の欠片が
無慈悲な風に千切られる
けして倒れない貴方だから
どんな痛みも耐えられるけど
私の身体は大地に折れる

孤独に耐える貴方の強さが
細い身体の私は憎い

貴方は どれだけ切り刻まれても
醜い弱さを さらしはしない

朱に染まる空より赤い
大地に広がる貴方の欠片を
私は独り踏みしめ泣いた
貴方の欠片を汚してしまった

誰より赤い 貴方の欠片が
見えない雫に千切られる
けして倒れない貴方だから
どんな痛みも耐えられるけど
私の身体は寒さに切れる

孤独に耐える貴方の強さが
細い身体の私は憎い

貴方は どれだけ切り刻まれても
醜い弱さを さらしはしない

朱に染まる空より赤い
大地に広がる貴方の欠片を
私は独り踏みしめ泣いた

朱に染まる空より赤く
虚空を埋めた貴方の欠片を
私は独り思って泣いた

朱に染まる空より赤い
大地に広がる貴方の欠片を
私は独り踏みしめ泣いた
貴方の欠片を汚してしまった

貴方の欠片を汚してしまった
スポンサーサイト




花の魔法の本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<魔女狩りの夜に | HOME | 秋のはじまり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |