fc2ブログ

世界の果ての魔法屋

詩や物語を書いています 魔法のような作品を創っていきたいです…。

黄昏ゆく空の下で

茜色の空を渡る鳥たちは
風の歌を聴きながら故郷を思う…

去りゆく空を懐かしむのか
帰りゆく空に思いをはせるのか…

大地にひとり残された
私にはまだわからない…

私は思う…鳥たちには
行くべき場所と帰るべき場所がある
それは素敵な事だと私は思う…

いつか私も 私の空を行くのだろう…
そのとき私は風の歌を聴くのだろうか…

スポンサーサイト



空の魔法の本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

晴れ時々祈り

世界は今日も平和で ところにより戦争で
みんな慣れてしまって気にせず歩き続ける

ミサイルの雨にさす傘はないから
みんな ずぶ濡れで どこかへ…

平和な国は蒸し暑くて
みんなうんざり…
でもまだ雨は降らない…
温室は壊れない…

戦争も平和も知らない
わからない
それでも誰もが自分だけの
戦争と平和を生きて戦って
悲しいくらいに無力だけど…
この思いが祈りになりますように…

空の魔法の本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |